沿革 History                       

1983年  ・東京大学学生を中心にHSK総合研究所を設立。
HSK research institute is founded focusing on the University of Tokyo student.
     発足メンバー/ 所   長  :  山根大介
Representation  daisuke yamane
                           副所長  :  千田恵介(現東京大学教授)
         
Deputy director Keisuke SenTta (professor of the University of tky)
                           空想科学読本作家  :  柳田理科男        他10余名
 ・研究所の初めての執筆【タイヤキの頭よりゴキブリの頭】を出版。
 ・東京大学内に東大算数研究会を組織して、数理・論理・の研究を始める。
1985年  ・研究テーマを小児科学をベースとした    『数理・論理と脳機能的構造の関係』に絞込 み法人化。
 ・同時期、子供たちの学習指導の実験教室開設。
1992年  ・算数オリンピック 開設にかかわり、山根が常任委員となる。
1994年  ・医療法人社団敬生会を開設して、医療機関(内科・整形外科・小児科クリニック)運営
 ・院長に 恩師菅原克彦博士を迎える
     (歴任:東京大学医学部第一外科助教授・山梨医科大学副学長・日本消化器病学会会長・日本消化  器外科学会会長・日本肝臓学会会長・FACS)
 ・併設研究機関で子供たちの成長に関わるデータの収集を始める。
 ・野外で学ぶ教育の実践開始(LEAFS)。 夏の鳥取砂丘合宿ほか
2003年  ・『在野で教育を考える』
 ・『教医育』
 ・『学遊同源』
        の3つのテーマの下に、依頼に応じて
        各新聞、大手塾機関誌、行政機関誌への作問提供開始。
 ・同時期、【賢くなるパズル】シリーズの本を出版開始、TV・ラジオ出演講演活動開始。
 ・研究所名を「KIS数理科学研究所」へと改称。
2008年  ・医療法人社団敬生会閉鎖。
    (理論発表と知的因子刺激要素データベース準備の為。)
2011年  ・データベース(プリス)完成。
 ・ネットラジオ試験放送開始
2013年  
 ・<脳の機能的構造論>発表予定
                                                                                          KIS科学研究所概要TOP  へ。